エリア, 学び, 日本文化・伝統

博多祇園山笠

0 14
DSC_0068

福岡・博多は今…
世界へ誇る夏の一大行事
「博多祇園山笠」の真っ只中!!
今年は、7月1日~15日まで開催

この期間は、櫛田神社をはじめ
博多の街を散策すると当番法被を着た
男の人たちの姿や、締め込み姿で山笠を
舁く様子を見れるかもですよ~?

「博多祇園山笠」では1tの重さの山笠を
約800人もの男たちが、心を一つに舁く
「舁き山笠」と

JR博多駅前や天神、ヤフオクドーム前など
博多市内14ヶ所に奉納される
高さ10m超えの見事な「飾り山笠」
この2種類があるんですって
博多祇園山笠の魅力は
この「舁き山笠」と「飾り山笠」の
<動>と<静>の対比にあります
博多祇園山笠の起源は諸説あるらしく
その中でも振興会では一般的に知られる
1241年、疫病除去のため
施餓鬼棚に乗って祈祷水(甘露水)を
撒いたのが始まりとしています

博多の街は、鎌倉、室町から戦国時代と
大陸貿易の基地として栄え
それゆえに、豪族や戦国大名の争奪の場
となり、焼け野原と化してきました

その復興を命じたのが豊臣秀吉で
「太閤町割り」「博多町割り」とも
呼ばれ、これを担当したのが
石田三成や黒田如水(官兵衛)でした

その間、博多祇園山笠も隆盛・衰退を
くり返したことでしょうね
そして、明治維新から今日まで
何度も危機を乗り越えて

現在の博多祇園山笠があるのです
伝承し、守り、育まれる日本の文化
その力強く、美しい日本の祭り
博多祇園山笠を楽しみたいと思います

公式ホームページはこちら

記事の感想をどうぞ!
  • おもしろい (0)
  • ふむふむ (0)
  • 使えそう (0)
  • 感動した… (0)

SNSでものむりえーるJAPAN

FacebookやTwitterで「のむりえーるJAPAN」の更新情報が受け取れます!